レ沢

レモんサワーズ

ちょい飲み@川名(阿佐ヶ谷)

休日の昼下がり、特にやることもなく、部屋でぼーっとしていたところへ突然、水戸より飲み友、うさファク平山氏来訪あり。

 

酒を飲むことしか能がない僕らなので、コンビニで買った安酒片手にだらだら歩飲しつつ、途中、高円寺を冷やかしながら、なんとなく阿佐ヶ谷へたどり着いた。

 

f:id:lemonsours:20170530171648j:image

 

そして、なんとなく思い出した初めての店へ。

 

f:id:lemonsours:20170530171717j:image

 

お通し、なぜオレンジ。

 

f:id:lemonsours:20170530171733j:image

 

レ沢で乾杯。

 

f:id:lemonsours:20170530171750j:image

 

白菜漬け、うさファク平山氏リクエスト。ナイス箸休め。

 

f:id:lemonsours:20170530171845j:image

f:id:lemonsours:20170530171936j:image

 

焼鳥各種、焼きが過ぎたる故のそこはかとない愛しさと気安さと心許なさ。

 

f:id:lemonsours:20170530171958j:image

 

しめさば、脂が乗って締まりよく、これは好きなタイプのやつだ。

 

f:id:lemonsours:20170530172335j:image

 

うさファク平山氏も気に入ったようだ。

 

f:id:lemonsours:20170530172025j:image

 

めかぶ茶割り、わかめではありませんよ。

 

f:id:lemonsours:20170530173353j:image

 

これも気に入ったようだ。

 

f:id:lemonsours:20170530172157j:image

 

煮込み、豚の喉笛入りだ。うめー。

 

f:id:lemonsours:20170530172222j:image

 

ニラ豆腐、いくらでもイケるやつだ。

 

f:id:lemonsours:20170530172244j:image

 

山芋ネギチーズ、不思議な料理だ。

 

f:id:lemonsours:20170530172358j:image

 

また来よう。

 

さて、次はラーメンだ、ラーメン屋で飲むぞ。都立家政に行くぞ、もちろん徒歩で。

 

f:id:lemonsours:20170530172453j:image

 

都立家政への道中、突如として植え込みに咲くつつじの甘い蜜を吸い始めるうさファク平山氏。日々、苦汁を舐め続ける氏の、成功願望の発露だろうか。

 

だらだらと歩いていたため、ラーメン屋に到着する頃には閉店まで1時間を切っていた。

 

f:id:lemonsours:20170530172419j:image

 

赤星イェーイ、ラーメン屋で飲むビールは最高。

 

f:id:lemonsours:20170530172515j:image

 

おつまみはチャーシューとメンマ。本当はタラの芽の天ぷらの食券を買ったんですが、もうやってないとのこと。その際の店員の鬼のような塩対応っぷりと、それに対するうさファク平山氏の萎えっぷりがこの日のハイライトだった。

 

f:id:lemonsours:20170530172536j:image

 

冷やしラーメンの醤油、どんなに塩対応を食らってもこの冷やしの事は愛してる。心が折れてたうさファク平山氏も味には不満はなかったようだ。

 

f:id:lemonsours:20170530172635j:image

 

そして最後は野方まで連れて行き 、公衆便所の前で寝始めたので捨てて帰った。

ちょい飲み@錦山(中井)

f:id:lemonsours:20170522175839j:image

前日の深夜、武蔵境で飲み散らかした挙句終電逃して中野までエレキベースを背負いながら徒歩で帰ってきたらマジで疲れて死にかけたのでとりあえず今夜も酒場へ向かった。

 

f:id:lemonsours:20170522140232j:image

 

疲労時に飲むお茶割り(これは桑茶割り)は筋弛緩剤的効果があり脳萎縮も実感できてオススメだ。

 

f:id:lemonsours:20170522140401j:image

 

お通しの煮物、優しさでできてる。

 

f:id:lemonsours:20170522140425j:image

 

珍味三銃士を連れて来たよ。白子、牡蠣、あん肝そろい踏みで480円はマジで三銃士過ぎる。

 

f:id:lemonsours:20170522140445j:image

 

お刺身ちょっと盛はちょっと盛と言ってもマグロ、イクラ、シマアジ、イシガレイ、生タコ、甘エビで計6品も寄り合えば最早それはキングスライム状態にある訳で、それが720円で提供されているというのはキングスライムも全く舐められたもんです。

 

f:id:lemonsours:20170522140505j:image

 

一晩たってもなかなか疲れが取れないお年頃なもんで、何か精のつくものはないか?と探してたら穴子の天ぷら(と山菜天ぷら)があったので、安直にも鰻と見た目が似てるから効果も似てるだろう、と思って美味しく頂いたところ、実際にはそのような効果は無い模様です。

 

f:id:lemonsours:20170522140548j:image

 

最後にアラ豆腐、〆るにはまだ飲め過ぎるものがやってきた。

 

f:id:lemonsours:20170522140605j:image

 

飲め過ぎる!

ちょい飲み@大衆酒場 つきのや

現実逃避モードが最高潮に高まる日曜日の夕方はとりあえず飲み行くしかない。

 

f:id:lemonsours:20170516154254j:image

 

とりあえずいつものお茶割り飲むしかない。

 

f:id:lemonsours:20170516154304j:image

 

頭も使いたくないのでとりあえず刺し盛りという選択肢はしょうがない。

 

f:id:lemonsours:20170516154317j:image

 

ぬか漬けはいつだって外せない。

 

f:id:lemonsours:20170516154331j:image

 

筍の姫皮梅和え、旬のものはいつだって間違いない。

 

f:id:lemonsours:20170516154348j:image

 

チューハイはいつだって何食わぬ顔で僕らを破滅へ導いてくれる。

 

f:id:lemonsours:20170516154412j:image

 

旬といえばホタルイカも旬だった、天ぷらはホンマに美味すぎて一瞬、明日の事など忘れそうになった。

 

f:id:lemonsours:20170516154426j:image

 

明日仕事だ、このくらいでやめとけ。

 

f:id:lemonsours:20170516154439j:image

 

えのき茸は大好きだけど天ぷらにしないでも良かった気がした。

 

f:id:lemonsours:20170516154453j:image

 

朝ごはんのおかずだったはずの鯖の塩焼きもいつからか翌日の仕事を憂う僕らを慰める酒の肴と成り果てた。

 

f:id:lemonsours:20170516154508j:image

 

泣きの一杯だぞ。

 

f:id:lemonsours:20170516154518j:image

 

此の期に及んで〆アジと菜の花の酢のものなどという本来はポン酒あたりで迎え入れるべきパワーフードを食す。

 

f:id:lemonsours:20170516154538j:image

 

時間だよ、サヨナラするのはつらいけど。

 

f:id:lemonsours:20170516154546j:image

 

さあ明日からの一週間も頑張りましょう(白目)

ちょい飲み@まさ吉(武蔵小山)

年に1度、武蔵小山の焼鳥屋で暴飲暴食が許される日の記録(2016年度版)です。

f:id:lemonsours:20170119151626j:image

暴飲暴食の友、ビールです。

f:id:lemonsours:20170119151717j:image

比内地鶏の皮ポン酢

f:id:lemonsours:20170119151832j:image

キンカントリュフ

f:id:lemonsours:20170119151912j:image

鶏アボカドわさび

f:id:lemonsours:20170119161209j:image


許された人間なので、黒板のおすすめメニューから手当たり次第注文してやった。暴飲暴食の基本と言える。

f:id:lemonsours:20170119152203j:image

無風 純米吟醸 熟成原酒(岐阜)

日本酒に関して何の拘りも知識も持ち合わせてないので、とりあえずどれ飲んでも旨かろうと踏んで適当に頼んだところ、果たして旨かったし、ジャケもかわいかった。

f:id:lemonsours:20170119152348j:image
f:id:lemonsours:20170119152504j:image
f:id:lemonsours:20170119152538j:image
f:id:lemonsours:20170119152758j:image
f:id:lemonsours:20170119163746j:image
f:id:lemonsours:20170119152832j:image

焼鳥も手当たり次第。ソリはやっぱり最高だ。

f:id:lemonsours:20170119152912j:image

御湖鶴 純吟(長野)

f:id:lemonsours:20170119152951j:image

この期に及んでのポテトサラダ。

f:id:lemonsours:20170119153123j:image

新政 エクリュ(秋田)

f:id:lemonsours:20170119153236j:image

鶏中華そば

f:id:lemonsours:20170119153436j:image

鶏つけそば

暴飲暴食のオチといえば無論、〆のラーメンでありますが、それが一軒で完結してしまう利便性、のみならず、専門店を遥かに凌ぐクオリティに毎年感涙せざるを得ない。

歳をとるのも良いもんだ。

ちょい飲み@丸千葉(南千住)

破壊的に安いとか、斬新なメニューとか、そういうのは他所に任せておけばいいんですよね。

そうではなくて、いわゆる企業努力みたいなものではどうにもならない様々な要素があったんですよね、丸千葉には。

例えば泪橋交差点そばの立地とか、名物店員「やっちゃん」の存在とか、パーソナルスペースを十分確保できるコの字カウンターとか、満席の店内から自然と湧き上がる心地よい喧騒とか。

全方位的に注がれた眩い蛍光灯の灯りの下でですね、その全てが有機的に絡み合いですね、その場にいるだけでまるで休日の昼間に銭湯へ行ってどっぷり寛いでるかのような多幸感に包まれる、そんな感じだったんですよね、丸千葉で飲むっていうエクスペリエンスは。

つまり、丸千葉最高! ただそれだけの話なんですよね。

もちろん、何食っても美味いってのが大前提ですよ。



f:id:lemonsours:20161012191626j:image

酎ハイ、店的には白ハイボール。お食事にはドライな酎ハイが合いますね。

f:id:lemonsours:20161012191638j:image

三つ葉おひたし、香りも良くてよい箸休めになりますね。(三つ葉、親子丼などの薬味として買ってきても大部分は余るのでおひたしにしてしまえばいいのか、学びがあった)

f:id:lemonsours:20161012191702j:image

おさしみ三点盛り、数種類の刺身メニューから自分で組み合わせる事ができるのが嬉しいですね。まぐろ、たこ、しめさば、なんとも無難なラインナップですね。まぐろは程よく乗った脂が美味く、しめさばはレア気味な〆具合が最高でした。近所の足立市場から仕入れてるので新鮮みたいですね。

f:id:lemonsours:20161012191739j:image

さといも煮、鶏肉入りで程よくこってりしており酎ハイにも合いますね。

f:id:lemonsours:20161012191845j:image

ハイボール攻めですね。

f:id:lemonsours:20161012191854j:image

あつあつねぎまぐろ、ねぎま鍋的なものかな?と思って注文したらそういうことでしたね。加熱したまぐろも美味いですよね。

f:id:lemonsours:20161012191902j:image

牛タン入つくね、さりげなくカレー風味ってのが憎いですね。8本くらいは余裕で食えますね。

f:id:lemonsours:20161012191919j:image

とにかく白ハイボール攻めですね。

f:id:lemonsours:20161012191939j:image

ちくわのいそべ揚げ、見た目からしてヤバイですよね。隣のお客さんのもとへサーブされたのを見た瞬間に即注文しました。大ぶりなちくわに、これでもかとまぶされた青海苔が堪らないですね。

f:id:lemonsours:20161012191950j:image

納豆きつね焼き、焼き加減絶妙ですね。他にも納豆系のメニューがいくつかあったので私を含め納豆好きの皆さんには嬉しいですね。、

f:id:lemonsours:20161012192033j:image

ここまでくると思考停止のオートマチックで白ハイボールですね。

f:id:lemonsours:20161012192042j:image

とん汁、これ以上ないトドメの一杯ですね。五臓六腑に染み渡りまくりました。詳細は忘れましたが、具沢山なのでヘタな煮込みなんかより余程アテになりますね。

f:id:lemonsours:20161012192053j:image

例えば鍋でも突きながら、ど年末に忘年会なんてやれたら、ホントに私はもう。

ちょい飲み@ささの葉(吉祥寺)

桜満開だし土曜だし、皆花見の真っ最中だろうから空いてるだろう、と思って、でも一応念のため開店と同時に突撃したら見事に一番乗りだった。で、ものの10分ほどで即満席。

f:id:lemonsours:20160407145839j:image

約1ヶ月ぶりの「ささの葉」です。

f:id:lemonsours:20160407145857j:image

酒は常温の司牡丹がいい。

f:id:lemonsours:20160407145911j:image

刺身盛り合わせは宮崎の甘い醤油がいい。刺し盛りは今のところ、ささの葉か中野のおかやんで食えればとりあえず間に合ってますって感じです。

f:id:lemonsours:20160407150437j:image

ネタケースの上に妙にツヤツヤなトマトが鎮座してたので家人が思わず注文したところ、その見た目に違わずやっぱり美味かった。添付の行者にんにくもナイス。

f:id:lemonsours:20160407150459j:image

さらに、そのトマトの隣に鎮座ドープネスしてた鱈カマも家人が思わず注文したが、そのとき焼き魚はそんなに食べたいと思っていなかった私も2秒でそんなこと忘れた。

そして、入店以来ずっと閉ざされたままだった目の前の鍋の蓋がついに開いた。

f:id:lemonsours:20160407150517j:image

おでん?

f:id:lemonsours:20160407150539j:image

と思いきや牛すじ煮込みでした。こんなもの美味いに決まってるだろう。

f:id:lemonsours:20160407150552j:image

こんなものおかわりするに決まってるだろう。

マジ食い@蜃気楼(板橋)

・予約必須 → 電話すればよい

・2名以上必須 → 友人を誘えばよい

・メニューはあるけど基本店主おまかせ → 美味いに違いないから従えばよい

・酒はビールと紹興酒のみ → 持ち込み料払えばワインは持ち込みOKだからそうすればよい

・店主が死ぬほど話しかけてくる → むう…

ひょっとして、この事前情報の段階で訪店を断念した向きもあるのではなかろうか?

実際、店主はドチャクソに話しかけてきた。その話題は初っ端から何故か店主推奨ビリヤニの素について(ここは四川料理屋だ)、関西飲み屋事情について(入店から約20分、手も動かしてらっしゃるがそれ以上に絶口調なので未だ前菜待ち)、ジミーペイジについて(最早食事の話題ではない)、店主の四川旅行について(現地での食べ歩きを元にメニューを作ってるそうなのでこれはわかる)、と多岐にわたる。時には厨房からわざわざ客席側に出てきて(調理の手を止めて、厨房奥の勝手口から一旦外に出て、ぐる〜っと回って正面玄関から戻ってくる)ジミーペイジの載ったギターマガジンや、四川旅行記を収めた写真アルバムなどを嬉々として見せてくれた。

この日出席した私、私の家人、そして友人Aはそんな調子の店主に上手く応対できるか心配だったが、中野の飲み仲間であり対話力に優れる西田女史(大阪育ち、マニアックなエスニック料理にも精通)という、うってつけの人材を確保したことにより事なきを得た。

料理は実際美味かった、というか物凄かった。

とりあえずエビスビールで乾杯しつつ、店主のトーク攻めに寧ろ押し気味で返す西田女史を頼もしく感じつつ、配膳を待った。

f:id:lemonsours:20160406100934j:image

冷菜2種、チャーシューもいいが大ぶりなクラゲが凄い。食感ブリンブリン。

f:id:lemonsours:20160406101017j:image

豚耳の煮こごり、プルンプルンでコリコリ。タレがまた美味い。

f:id:lemonsours:20160406122331j:image

持ち込んだ赤ワイン(銘柄忘れました)。かなり高級なワインを持ち込む常連も多いそうで、それなりに覚えがあるであろう店主もなかなかイイねと仰っていた。どうやら店主がまず味見するのが慣わしの模様。

f:id:lemonsours:20160406101039j:image

小籠包、これは痺れた。皮の中にとんでもなく美味いスープが封入されている。

f:id:lemonsours:20160406101100j:image

セイロは2段式になっていて、小籠包の下にはこの糯米焼売が隠されていた。焼売の皮に包まれたちまきという具合。

f:id:lemonsours:20160406101118j:image

炸茄子、麻の効いた揚げナスだけどこれもキラー。フワッとサクッとジュワッと。友人Aが特にハマっていた。

f:id:lemonsours:20160406101136j:image

麻辣鶏(と思われ)、丸のままの唐辛子がゴロゴロと。かなり辛いがよく味の染みた鶏肉が病みつきに。アホなので唐辛子もバクバクと。

f:id:lemonsours:20160406130826j:image

赤ワインも尽きたところで自家製紹興酒。結構甘め。店主曰くホットはオススメしないとのこと。

f:id:lemonsours:20160406101157j:image

羊肉水餃子、皿底に溜まった辣油と香醋の効いたタレを天地返ししてよく絡める。タピオカ粉入りの皮はモチモチ。別途もらった花椒油も絡め天へ昇る。

f:id:lemonsours:20160406101237j:image

麻婆豆腐、マスト中のマスト。店主曰く「他所で食えなくなるよ」。友人A曰く「引き算の美学」。特徴的なのは合挽き肉が団子状であること。後日、自宅で即パクる。

f:id:lemonsours:20160406123827j:image

最後に青椒麺、青唐辛子大好きなのでこれは嬉しい。肉味噌と麺のシンプルな和えそば。現地ではこんな麺が出てくるんだろうなという印象。もちろん花椒油もぶっかけて。


一言、PSY高。店主との会話も実は楽しかったり。毎月通いたいところだが、まずは西田女史のスケジュールを押さえるところから始めなきゃだ。